シースリーの脱毛の料金の総額

 

このページではシースリーの脱毛の料金総額についてご紹介します。
ムダ毛の全身脱毛が月額料金5800円でできるということで人気のシースリーですが
結局のところ総額はいくらになるのか?
そういうことが気になるポイントだと思います。
そこで、この記事では C 3で全身脱毛した場合にかかる総額費用についてご説明していきたいと思います。

 

 

シースリーの脱毛料金の総額はエリアに違う

 

C 3の全身脱毛の総額料金というのは、通う店舗のエリアによって違いがあります。

 

エリアA

 

千葉県、 埼玉県、東京都

 

総額=420028円

 

エリア B

 

沖縄県、 神奈川県、群馬県、宮城県、 岩手県、青森県

 

総額料金 =407638円

 

エリアC

 

鹿児島県、長崎県、 大分県、福岡県、 広島県、 岡山県、兵庫県、 大阪府、京都府、愛知県、 新潟県

 

総額料金=418192円

 

C 3はエリアによって若干総額料金が違ってくるのですが、
脱毛し放題プランなので総額料金を払ってしまえば、
何回でも自分が納得するまで全身脱毛をすることができます。
つまりシースリーでは総額料金さえ支払ってしまえば、全身がツルツルになるまで脱毛することができるんです。

 

 

⇒ シースリーの公式サイト

 

 

C 3の総額料金の支払い方法

 

シースリーでは4種類の支払い方法から自分の好きな支払い方法を選べます。

 

総額を36回に分けて分割払い

 

42万円を分割して支払うことで、月々の料金5800円で全身脱毛することが可能です。
そして C 3の分割払いの大きなメリットとして、金利手数料をシースリーが負担してくれるところにあります。
なので分割払いを選んだとしても総額料金が変わることはありません。
これは大変嬉しいメリットですね。

 

現金で一括で支払う方法

 

全身脱毛の総額料金を現金で一括して支払う方法です。

 

クレジットカードで一括で支払う方法

クレジットカードで一括払いをすると、 クレジットカードのポイントが貯まるので、
現金で一括払いするよりおすすめの方法です。

 

9ヶ月後に一括で支払う方法

 

これは C 3独自の仕組みになるのですが、現在はお金がないけど、
9ヶ月後にお金が用意できる人にはおすすめの方法となります。
今はお金がないと、 9ヶ月後に支払えば OK なので今は持ってなくても問題ありません。

 

 

回数制のメリット

 

シースリーで回数制を選んだ場合は、 希望する脱毛回数によって料金が変わってきます。
薄くしたい程度であれば、回数を少なくすればいいですし、総額料金が安くなります。

 

回数制のデメリット

 

会費制のデメリットは、永久メンテナンス保証がないことです。
回数制で契約した場合は契約した回数分だけしか脱毛できませんので、
その回数で脱毛結果に満足できなかった場合は、 追加料金を支払って回数を増やすことになります。

 

自分が納得できるまで脱毛をしたい場合や、回数がわからない場合は、 月額制で契約する方が断然お得です。

 

 

⇒ シースリーの公式サイト

 

 

 

全身脱毛

 

 

 

何回の脱毛で全身ツルツルになる?

シースリーの全身脱毛は、理屈の上では6回の脱毛施術で40%、
12回で80%、18回の施術で90%以上の毛が脱毛できるとされています。
シースリーでは、皆さん何回くらいで脱毛効果を感じているのか口コミをまとめてみました。

 

脱毛効果の出る回数を比べても、脱毛機のタイプによる大きな違いはないみたいですね。
スタートした時は抜けてもすぐに発毛してきますが、
脱毛から2週間〜1か月の間は新しい毛が生えてきにくいから、
自分の予定に応じて脱毛日を調整しても良いと思います。

 

ただし、他社の脱毛エステサロンと一緒で、
セルフメンテが楽になるまでには6回以上の脱毛施術が必要だと思います。
産毛までツルツルが希望なら13回以上通う必要があるため、
永久メンテナンスコースを申し込んだ方がリーズナブルです。

永久メンテナンスコースを申し込んだけど、10回くらいでツルツルになりました。
「無駄だったかな」と悔やんでいたけど、6ケ月くらいしたら肩の毛が目立ってきたのでもう1回通い始めました。
脇や肘下など際立つ部位は10回、肩や背中など産毛がたくさんある所は18回くらい利用しました。

料金の理由で顔面とIOを含んでいない6回コースを申し込みました。
4回目くらいで少し毛が少なくなってきたのですが、自分で処理不要のレベルには程遠く・・・。
結果として追加で申し込んだのですが、12回通ってツルツルになりました。

4回目で脱毛効果を感じ始めて、10回通うくらいで大分満足しました。
現在は13回目で、5か月〜7か月サイクルで通っています。
もうツルツルの部分も多いので、気に掛かる部分だけ脱毛しています。
こういった通い方は回数制だともったいなくてできないので、永久メンテコースにして最高でした。

S.S.C脱毛機を使用している脱毛ラボに行っていたことがあるのですが、
IPL脱毛機を使用しているシースリーと脱毛効果の違いはこれといって無いように思いました。
私は産毛もツルツルにしたかったので15回利用しましたが、8回目くらいでかなり抜けました。

シースリーの脱毛機はIPL方式を導入しているのですが、
S.S.C脱毛機を使用しているサロンと同じく、脱毛効果に満足している人がほとんどです。

 

⇒ シースリーの公式サイト

 

 

全身脱毛

 

 

キャンセルしたらキャンセル料は要る?

シースリーは予約をキャンセルしたいケースや遅刻する場合、
予約時間の1分前までに連絡をする必要があります。
わずかでも連絡が遅かったり、無断でキャンセルするとペナルティが課せられます。

 

  • 回数パックの場合・・脱毛1回分が消化される
  • 回数無制限の場合・・キャンセル料3,000円

 

こういったペナルティが存在するので、キャンセル・遅刻のケースはできるだけ早く連絡をしてください。

 

シースリーを解約する時の返金保証は?

シースリーで脱毛をしているが、効き目がないから解約したいとか都合により通えなくなったケースがあります。
そういったケースでは解約することが可能で、残っている回数分を返金してくれます。

 

解約手数料は返金額の10%になっていて、上限は2万円となっているため、
それを超す請求はありません。
返金額が10万円のケースは、その10%である1万円が解約手数料として
マイナスされて返金されるというわけです。

 

回数無制限のケースは、脱毛回数が4回未満のケースでのみ返金対象になります。
返金額の計算は総額料金から回数分を差し引くというのが殆どですが、
通い放題のケースは回数が決められていないので、独自の計算が必要になってきます。

 

また、契約完了から8日以内であればクーリングオフも出来ます。
これは契約した後に、契約を取り消して払った金額を全額返金してもらえる制度です。
契約後に「やっぱり、辞めとこう。」と考えたら手数料等もなく解約することが可能なので、
8日以内であればクーリングオフ制度を活用しましょう。

 

 

 

⇒ シースリーの公式サイト

 

 

全身脱毛